MENU

ミノキシジルの副作用と効果を説明します。

年齢を重ねるごとに体の悩みは増えるものですが、その中でも多くの人を悩ませているのが「髪の悩み」です。
AGA(男性型脱毛症)の患者数は全国で1,000万人以上いると言われており、男性だけでなく多くの女性にとっても脱毛や薄毛は深刻な悩みの一つとなっています。
ミノキシジル副作用効果
ミノキシジルは、AGAの治療薬として認可されている医薬品です。
薄毛や脱毛作用を抑える効果が認められているミノキシジルですが、その副作用について注意が必要です。
特に、パートナーとの妊娠を望んでいる場合は、男性も女性もミノキシジルの取り扱いには十分に注意をしなければいけません。

 

ミノキシジルは、AGAの治療薬として男性が使用する薬ですが、その代表的な副作用として性欲減退が挙げられます。さらには、性欲減退よりも発症率は低いものの、勃起機能不全、射精障害、精液量減少などの副作用も報告されています。
ミノキシジルは、男性ホルモンに影響を与えることによって脱毛を抑える働きをするので、このような生殖機能への影響が起きてしまうのです。
また、ミノキシジルは、うつ病などの精神的な症状の副作用もあります。精神的な症状が起きても妊娠には関係ないと思うかもしれませんが、心が不安定な時はパートナーとの性交渉を持ちにくかったり生殖機能低下にもつながってしまうため、このような副作用も気をつける必要があります。
ミノキシジル副作用効果
そして、ミノキシジルの取り扱いで最も注意しなければいけないことが、女性に与える危険性です。
ミノキシジルは女性にとって大変危険な薬です。この薬は経皮吸収されてしまうので、女性は服用はもちろん、触れることも禁止されています。
もし妊娠中の女性が触れたり服用した場合、胎児が男子だった場合、胎児の生殖器官へ影響が出てしまう危険性があります。また妊娠していない場合でも、その女性自身に婦人科系の疾患が生じる危険があります。
通常、ミノキシジルは錠剤タイプでコーティングされているため、触れても有効成分が付着しないようになっていますが、摂取量の調整のために割って服用することは大変危険です。女性がその粉末に触れてしまう可能性がある場合は、絶対に割らずに服用するようにしましょう。
ミノキシジル副作用効果
もし性欲減退やうつ病などが起きた場合でもパートナーとの妊娠にチャレンジすることは可能ですが、妊娠が困難な状況になってしまいます。また、妊娠を希望している女性の体や胎児にとっては大変危険な成分を持っています。
このようにミノキシジルは、薄毛や脱毛に効果がある治療薬ですがその副作用には注意をする必要があり、特に妊娠を望んでいる場合は、服用時期やミノキシジルによる治療が適切であるかどうかを十分に考えることが重要です。

ミノキシジルがAGA治療に有効である理由

ミノキシジルは、元々、米国で前立腺肥大の治療薬として研究開発された医薬品です。
その後AGA(男性型脱毛症)の症状を抑える効果があることがわかり、現在ではAGA治療薬として世界の多くで認可されています。
ミノキシジル副作用効果
本来、髪の毛は数年ごとに生え変わり健康な髪が育つようになっていますが、AGAは正常なヘアサイクルが狂い健康な髪の発育が妨げられることによって生じます。
正常なヘアサイクルでは、成長期と呼ばれる2〜6年の期間があり、その長い期間に髪が伸びることで、しっかりとした太い硬毛が成長します。
しかしAGAになると、その成長期が数ヶ月から1年のサイクルとなってしまい、髪の発育が不十分で軟毛のままとなってしまいます。

 

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンで、このDHTが皮脂を過剰に分泌させ毛穴を塞いでしまい、髪の発育が妨げられ毛質の低下が起きてしまいます。これにより髪が細く抜けやすくなり、脱毛や薄毛の進行が進んでしまうのです。
ミノキシジルは、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換する酵素(2型5-α還元酵素)を阻害する働きがあるので、AGAの原因物質であるDHTの生成を止める効果があります。
直接の原因となるDHTの発生を阻害するため、脱毛や薄毛の進行を抑え、AGA治療に高い効果があることが証明されています。
ミノキシジル副作用効果
AGA治療薬にはミノキシジル以外にもいくつかの種類がありますが、それぞれに含まれる成分や効果は異なります。
たとえばミノキシジルには、脱毛や薄毛を防ぐ効果はありますが発毛効果はありませんが、育毛剤などに多く使われているミノキシジルは育毛効果があることが特徴です。
また、作用が違えば副作用も違うので、どのようなリスクがあるかも大きく変わってきます。
もしAGA治療薬によって症状の改善を目指すのであれば、自身の症状やそれぞれの薬の特徴や副作用などを理解した上で、治療に適切なものを選ぶとよいでしょう。
ミノキシジル副作用効果

・ミノキシジルに見られる副作用

 

男性型脱毛症(AGA)になると、額や頭頂部の辺りが薄くなります。この薄毛になりやすいのは30代の男性ですが、早ければ20代半ばでも掛かります。
このAGAですが、近年ミノキシジルやプロペシアの力を活かして、絶対ではありませんが、高確率で改善できるようになってきました。

 

さて、ミノキシジルの本来の利用用途は「血圧を下げる事」であり、アメリカを中心に高血圧治療のために使われてきました。その際に副作用として「多毛症」が見受けられ、それを育毛剤に活用するために研究が行われてきました。

 

初期は飲用薬のミノキシジルが主流でしたが、最近は「塗る」ミノキシジルが多くなっています。そして、大正製薬からミノキシジル含有の「リアップ」という有名な育毛剤が発売されました。この育毛剤は薬局などで入手できます。

 

リアップの主な使用用途は「壮年性脱毛症」の改善であり、脱毛を軽減して、発毛・育毛を促してくれます。ちなみに通常のリアップには1%のミノキシジルが配合されています。そして「リアップ×5」というものもあり、こちらには5%のミノキシジルが配合されています。
もちろん、後者の方がミノキシジルが多い分高値ですが、その分効きます。

 

ちなみに、リアップを売り始める前に大正製薬は「ミノキシジルについての副作用の臨床実験」を行っています。この実験では、10パーセントに満たない割合ではあるものの、副作用が出る人がいました。
最も多い副作用は「頭皮のかゆみ」でした。また、脂漏性皮膚炎や、頭皮の炎症や湿疹なども生じたと言われています。

 

ミノキシジルの配合量の多さと副作用の発生確率は比例するようで、ミノキシジルが5%のものに関しては副作用の発生割合が9%であり、ミノキシジルが1%の場合は副作用の発生割合は5%となったそうです。

 

また、眠気、頭痛、むくみ、倦怠感、体重上昇などの副作用が出る場合もあります。
そして、大正製薬のデータではありませんが、心臓のチクチク、イラつき、呼吸のきつさ等が生じる場合もあるようです。ただ、もちろんその全てにミノキシジルが関係しているとは断言できませんから、それほど不安がる事はありません。

 

リアップ×5の場合でも、実はまだ「ミノキシジルはそれほど入っていない」と言える範疇です。ですから、重篤な副作用の心配はほぼありません。
ただ、自分に合わなければかゆみ等の軽度の症状は発生するので、まずは確認するつもりで少しだけ使いましょう。そして、継続するかどうかを決めると良いでしょう。

 

・ミノキシジルの効用と副作用

 

多毛症

 

胸毛、腹毛、ヒゲ、鼻毛、すね毛、眉毛などの体毛が太く強いものになります。

 

ちなみに、多毛症になりやすいのは「飲むタイプ」のミノキシジルを使った場合です。「塗るタイプ」のものを使った場合は、ほぼ多毛症にはなりません。

 

性欲不振と性的不全

 

ミノキシジルで性欲不振や性的不全が起こる場合があります。
因果関係が明らかになっていないので、絶対にミノキシジルのせいであるという事はないのですが、現実に明らかな傾向になっているので気にしておくべきです。

 

また、妊娠・授乳期間中の女性はミノキシジルを使ってはいけません。
そのタイミングでミノキシジルを使うと、母体や母乳の入ったミノキシジルが、赤ちゃんに伝わってミノキシジルの害が及んでしまう場合があるからです。

 

そうなれば、赤ちゃんの循環系が侵される事になり、全体的な成長のためにも良くありません。ですから、妊娠・授乳時期の方のミノキシジルの使用は厳禁です。
この事に関する詳細は、ミノキシジルのパッケージをご覧ください。

 

このように、ミノキシジルについてはまだ不明な事がたくさんあります。
使用方法を守って慎重に使い、何らかの問題が起きたらすぐに対処しましょう。

 

 

低血圧

 

 

冒頭で述べた通り、ミノキシジルには「血圧を下げる効果」があります。
つまり、血管を拡張する効果があるという事です。
ですから、血圧が特に高くもない人が使えば、下がり過ぎて危ない場合があります。
つまり、ミノキシジルには「低血圧」という副作用もあるという事です。
まら、この低血圧はミノキシジルの副作用の中でも多く見受けられるものであるとされています。

 

血液の循環と血圧には直接的な関係があります。
まず、高血圧になると血管が細くなり、それでも身体は「精いっぱい」血液を循環させようとするので、その分「血圧(血液を送るパワー)」が上昇し、心臓にダメージが及ぶ事になります。そして、高血圧がエスカレートすると心筋梗塞に襲われる場合もあります。

 

では「低血圧」が良いのかと言うと、そんなことはありません。
血液を送るパワーが弱いので、手足などの末端に血が送られにくくなり、様々な問題が生じる事になります。

 

ミノキシジルを服用すると血管が拡張しますが、毛根の部分だけでなく皮膚全体の血管が拡張します。
皮膚の毛細血管が拡張し、血流が改善され、皮膚の成長が加速して、その分皮脂の発生量がアップしてしまうのです。
これが、ニキビや皮膚の荒れを招く事があります。ニキビや荒れが頭皮で起きると、フケの量もアップしてしまいます。

 

 

低血圧が招く主な症状
・めまい
・頭痛
・偏頭痛

 

血行が悪くなり、心臓から離れている箇所ほど血が行き渡りにくくなります。
一番問題が起きやすいのは脳です。
脳へ血が十分に行き渡らないと、めまい、頭痛、偏頭痛などが起きる場合があります。

 

・不眠、気象のしづらさ

 

脳へ血が十分に行き渡らないと「不眠」になる事があります。
また、低血圧のせいで起床しづらくなる場合もあります。

 

続いていくと慢性的な「睡眠不足」になってしまう事があり、運転中に眠ってしまったり集中力が落ちたりするので油断は大敵です。

 

・吐き気、便秘、食欲不振、下痢、腹痛

 

消化器系に十分に血が行き渡らないと、胃腸の状態が悪くなってこれらの症状に見舞われる恐れがあります。

 

・動悸、不整脈、息切れ
心肺機能が低下すれば、これらの症状に襲われる場合もあります。

 

 

このように低血圧は色々な身体の場所に悪影響を与え得るものです。非常に危険な副作用だと言えるでしょう。

 

 

大正製薬からリアップが出た事により、発毛成分としてのミノキシジルは日本でも大人気になりました。

 

しかし、実はミノキシジルは元々はアメリカで血圧を下げる(=血管を拡張する)薬として活用されていました。その際、利用者の髪の毛をはじめとする体毛が増加した事により、発毛剤にも転用されるようになったのです。

 

そして、今は血圧を制御する目的では使われていません。なぜなら、狭心症や動機といった症状が出る人が多かったからです。ただ、「血管拡張」と「狭心症」というものがイメージとして繋がりにくいかもしれませんね。
狭心症は、栄養を心臓に運ぶための冠動脈が狭くなって、酸素(血液)が不十分になって起きる心臓痛の事ですし、血管の拡張がマイナスになるというのは想像しにくいかもしれません。

 

ただ、ミノキシジルが拡張するのは動脈だけであり、静脈には関与しないのです。血液は「心臓から動脈、そして静脈、そして心臓……」と巡っているので、動脈だけが拡張すると、静脈が上手く働かなくなり、それによって急激に心臓に血液が供給されて、心拍数が跳ね上がってしまうのです。

 

心拍数が跳ね上がれば、たくさんの酸素を使う事になりますが、その酸素の大半は冠動脈から持ってくる事になるので、バランスとしては不足して、狭心症になりやすくなるのです。

 

狭心症にも「冠動脈が狭くなって、心臓へ酸素が送られにくくなって起きる」タイプのものと、「心拍数が跳ね上がる事で酸素が足りなくなって起きる」タイプのものがあるという事ですね。

 

そしてミノキシジルによって血圧が一気に下がると、血圧を保とうとして、血圧を上昇させる効果を持つ交感神経を、脳が自然に緊張させます。

 

そうなるとさらに心臓がドキドキするので、狭心症、動悸、不整脈などのリスクがさらに高まります。心拍数が上昇したまましばらく経過してしまうと、心筋がどんどん大きくなる心肥大へとエスカレートしてしまいます。

 

そうなれば、心臓で酸素を使う分量はさらにアップするので、酸素は余計に足りなくなるようになります。そうなると心不全に発展しかねませんので、大変危ないです。

 

 

ミノキシジルの副作用〜その他の副作用〜

 

飲み薬であるミノキシジルタブレットには、多臓器不全、腎性全身繊維症(腎不全、関節拘縮、皮膚の硬化などを起こす病気)、低血圧症、全身多毛症、高カリウム血症、反射性高血圧、顔の赤みなどの副作用があります。

 

これだけ危なく、そして現在はもっとリスクの低い降圧剤が登場していますので、降圧剤としてのミノキシジルはお役御免となりました。そして、育毛剤として活用されるようになりましたが、それでもミノキシジルタブレットを育毛剤として認可している国はありません。

 

副作用のリスクが少ない外用のもののみが認可されています。ただ、医者と話し合って、必要な診断・検査を済ませて許可が下りれば、ミノキシジルタブレットでも使う事が可能です。
その場合は、半年に1度、BNPをはじめとする血液検査、微量アルブミン関連の尿検査、心電図検査を行って、副作用のリスクに備えます。そこで何らかの異常が見られれば、使いかで心臓超音波検査なども実行します。

 

外用薬ならば副作用のリスクが減るものとして開発されたのが、ミノキシジルを含んだロゲインという薬剤です(アメリカ)。その後、大正製薬からリアップが日本でも発売されました。これらの副作用は、血管拡張が招く発赤、頭痛、痒みなどです。

 

そして、ミノキシジルが原因だとは断言できませんが、外用薬であっても少量が身体中に回るため、動悸や胸痛に見舞われる事が無いとは言い切れないようです(大正製薬のミノキシジルの動悸と胸痛に関連して)。副作用やそれに近いものが見受けられた際は、すぐに使用を中断して、医療機関に出向きましょう。

 

 

外用薬でトップクラスで多い副作用に「痒み」があります。その要因はエタノールや、ミノキシジルが原因のアレルギーなどなのですが、実際のところ、要因のほとんどはプロピレングリコール(PG)にあります。

 

プロピレングリコールの防腐・防カビ力は強いので、製剤の保湿や乳化(水と油を混合させる)を、長期間行い続けて保存してくれます。そして、乳化作用によって、脂溶性である皮膚の細胞膜や頭皮の皮脂膜が、水に近いミノキシジルと混ざって皮膚に吸われやすくなります。
毛乳頭にある真皮へのミノキシジルの供給効率を上げるために、ほとんどのミノキシジル外用薬にはプロピレングリコールが配合されています。ただ、プロピレングリコールアレルギーを持っている人の事を考慮して、最近はプロピレングリコールフリーのミノキシジルも目立つようになってきています。

 

例えば、リアッププラスやリアップ×5にもプロピレングリコールは入っていません(通常のリアップには入っています)。プロピレングリコールが入っていないもので炎症などが起きた場合は、エタノールが原因である可能性が高いです。ちなみに、エタノールフリーのアイテムももちろんあるのですが、そちらには大抵プロピレングリコールが入っているので難しいところです。

 

ただ、エタノールとプロピレングリコールの配合量を両方とも1%以下にしているアイテムも売り出されているので、そちらを使ってみるのも良いでしょう。
ちなみに、市販のミノキシジル含有育毛剤の安全性は軒並み高いです。

 

ちなみに、AGAへの作用を正式に認められている成分はミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の2つしかありませんので、価値は高いです。

 

 

そしてプロペシアですが、こちらは元々「前立腺肥大症治療」のために使用されていて、ミノキシジルの方は「血管拡張をして、血圧を低下させる」ために使用されていました。

 

2つとも副作用として発毛効果が見受けられ、それを育毛剤や発毛剤に活用するべく研究が進められるようになりました。例えば、プロペシアには育毛をブロックするジヒドロテストステロンの発生を促す「5αリダクターゼ」の活動を邪魔する効果があるので、プロペシアのよって髪を生やす事ができる確率が高いです。

 

ただ、ミノキシジルについては「発毛する理由」が明確になっていません。ただ、とにかくミノキシジルとプロペシアを同時に使えば、相乗的な発毛効果が得られることが判明しているので、AGA治療の主流になっているのです。

 

また、ミノキシジルの血管拡張効果により、他の育毛剤の成分の浸透率を高める事も可能なので、別の育毛剤を一緒に使うという方法もあります。

 

しかし、副作用がミノキシジルにはあります。ただ、アメリカのロゲインや国内のリアップ系商品等のミノキシジル育毛剤については、正しく使う限りはほぼ危険はありません。

 

ミノキシジルを塗布した頭皮に「痒み」や「湿疹」や「フケの増加」起きたりする場合もあるようですが、それも10パーセントに満たない確率であるとされています。ですから、それほど心配する必要はありません。

 

また、ミノキシジルの含有量が多いミノキシジルタブレットなどの飲用薬もあります。
国内未認可ではありませんが、塗る形式のものよりも効果が高いです。ただし、副作用の危険性も大きくなります。

 

具体的な副作用としては、血圧の異常低下、むくみ、動悸、吐き気等があります。そもそもは高血圧を改善するための薬品だったので、血圧を低下させる事にかけてはかなりの効き目があるため、血圧を下げる別の薬とミノキシジルを同時に利用すると危険な状態に陥る可能性が高いです。

 

ですから疾患をお持ちの人は、医師の許可を得てからミノキシジルを利用しましょう。血圧に関わる疾患の場合はなおさらです。いずれにせよ、何らかの異常が見受けられた際は、すぐに利用を止めて、病院で診てもらいましょう。

 

 

ミノキシジルを安全に使うために

 

ミノキシジルは育毛成分としてきちんと認可されています。
ただし、血圧低下作用もあるので、用法用量を厳守して使ってください。
以下はミノキシジルの副作用に襲われないようにするための要点です。

 

1、 飲み過ぎは厳禁

 

ミノキシジルは1日当たり10mgまでとなっています。ただ、肝臓に害を及ぼす事があるので、最初は半分の5mg程度にしておくと良いでしょう。様子を見て、必要かつ安全であるならば少しずつ増やしていきましょう。

 

2、 日本のサイトだけから買う

 

海外には、日本で認可されていない薬品がたくさんあります。
薬品を使う事自体が困難な場合もありますので、事前に必ず医師に相談するようにして下さい。
また、個人輸入もかなり危ないので避けるべきです。

 

基本的に、日本のミノキシジル育毛・発毛剤だけを使うようにしましょう。